手のしびれ 病気が原因?
手のしびれ 病気が原因?

手のしびれの病気

様々な手のしびれの原因

手のしびれには様々な原因があります。

特に一番多いのが手根管症候群というもので、これは手首の中に通っている「正中神経」という神経が何らかの原因による圧迫されることで引き起こされると考えられています。

ほかにも、血行不良によって手がしびれることもよくあります。夜寝ているときに手を枕にして寝ると、朝起きたとき手がしびれますよね?これなどはその典型例です。

上記2つはそれほど深刻な症状ではなく、ほとんどは時間とともに自然に治るのですが、そのほかにも「頭痛」や「脳梗塞」「頚椎ヘルニア」などが原因で手にしびれが現れる場合もあります。こうなるとちょっと怖いですね。

手のしびれについてはこちらのサイトも参考にされてみてください。

http://www.te-shibire.net/


手や指のしびれ

手のしびれ関連キーワード

手のしびれ関連のキーワードを調べてみました。
こんなキーワードで検索されているんですね。

手 しびれ 17,560 回
手 足 しびれ 5,778 回
手 しびれ 原因 1,606 回
手 しびれ 病気 938 回
肩こり 手 しびれ 477 回
病気 手 しびれ 414 回
手 指 しびれ 379 回
しびれ 手 355 回
手 しびれ 症状 283 回
手 足 しびれ 原因 265 回


手のしびれとは?

手のしびれとは?

 

手のしびれには、感覚がなくなってきたり、痛くなってきたりとさまざまな症状があるようです。


手のしびれには、血液の循環の流れから感覚がなくなってしまう場合。
また、長い時間同じ姿勢をしたために手足が痛くなってしまう場合。
寒さからくる季節感的なものからくるしびれ。
更年期障害の一つとも言われているものもあります。


手のしびれには、個人差があるようですが、もっとも年配のお年寄りに症状が起こってきます。


最近では、手のしびれとして単なる病気ではなく、スポーツによるものもあるようです。


手のしびれによっても個人差はでてきますが、それぞれの症状によって治療方法もことなってきます。


同じ姿勢でおこってしまうしびれは、たいていその姿勢を崩してしまえばもとの感覚に戻ってしぼれもなくなります。


寒い時期の起こる季節感的なしびれは、季節によるものですので体勢を変えただけでは治りません。
寒い時期におこるので、体やしびれがおきた箇所などを入浴などで血行の流れを潤滑にして、体全体を暖めます。


手のしびれの症状

手のしびれの症状

 

手のしびれに起こる症状にはたくさんの種類があることをみなさんは知っていますか?

手のしびれに起こる症状は、初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。
これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めてしまう時もありますよ。
この時に手を振ってみたり、指の運動をすると負担がなくなり楽になると聞いたことがあります。


手のしびれに起こる症状が、進行すると親指の付け根の母指球筋と呼ばれている筋肉がやせてきて、細かい作業ができなくなっちゃいます。
とくに親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなってしまうそうです。

手のしびれに起こる症状は、時には、指にしびれや痛みがあったり、朝起きた時にひどかったり夜間睡眠中に起きてしまうこともあるみたい!
そういった時には、必ず整形外科を受診しましょうね。


手のしびれに起こる症状の中に、親指の付け根の筋肉がやせてしまったら、手術を含めた早急な治療が必要になってとても怖いです。
この状態が長く続くと、入り口を開放する手術だけでは回復できず、腱移行術という健康な筋肉の腱を移動する難しい手術が必要になってきますよ。


手のしびれの病気

手のしびれの病気

 

手のしびれに関する病気には、たくさんの種類の病気がありますよ。

手のしびれに関する病気の中に、手根管症候群と呼ばれている病気があります。

手のしびれに関する病気の手根管症候群と呼ばれている病気は、首の手のひら側にある骨とじんたいに囲まれた手根管という入り口のなかを、指を曲げる筋肉の腱が通っています。
この入り口のなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気といわれているとっても怖い病気ですよ!


手のしびれに関する病気の手根管症候群は、手の過度の使用や、妊娠によるむくみ、骨折などによる圧迫感によるものが原因になるといわれています。
中年代以降の女性に多く起こりやすい病気みたいですよ。

手のしびれに関する病気は、長時間ほかっておいたら痛みの感覚やしびれなども慢性化してしまい、大きな病気になっても完治しないケースも出ちゃいます。

手のしびれなどの症状が出てきて、少しの時間おいてみてもしびれや痛みが消えない場合は、病気になっている可能性もありです。
早めに病院へいって病院の先生に相談しましょう。


手や指のしびれ

手や指のしびれ

 

手や指のしびれには、小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を操ってる神経が、圧迫や引き延ばしになどの神経麻痺によって起こる場合があるようです。

手や指のしびれが起こりやすい場所は、肘の内側の上腕骨内上部というくるぶしの後ろに、骨とじんたいでつくられた肘部管という入り口があります。
入り口内は狭くてゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わってしまうと、簡単に神経麻痺がおこってしまうことになるそうですよ。


手や指のしびれの原因には、入り口を構成する骨や、じんたいの肥厚、入り口内外にできた悪性のうしゅなどがあります。
神経引き延ばしには、小児期の骨折によって生じた変形などがあります。
麻痺の進行により症状が異なりますが、初めのころは小指と薬指の小指側にしびれ感があったりします。
麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない変型が起こってしまいますよ。


手や指のしびれによって筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。
握力も低下します。

手や指のしびれの初めの症状で、しびれや痛みが軽症の場合は、肘を安静にして、消炎鎮痛薬やビタミンB剤を内服します。
これらの保存療法が効かない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行う場合も出てきちゃいます。


肩こりと手のしびれ

肩こりと手のしびれ

 

肩こりと手のしびれには、しびれを伝えているものになる末梢神経によって起こると言われています。

肩こりと手のしびれには、神経の全身に張りめぐらされた視覚や聴覚、触覚といった感覚を感じて、体が正常に機能するための情報を伝える大切な役割をもっています。
その中で、脳や脊髄を中枢神経、それ以外の体中に広がる部分を末梢神経と呼ばれているようですよ。 
 
肩こりと手のしびれは、末梢神経が異常を知らせる信号になります。
無理な姿勢を続けるなどして末梢神経が外部から圧迫されると、末梢神経は傷ついたりして、正常な働きができなくなっちゃいます。
肩こりと手のしびれによる末梢神経の異常が信号を送っているしびれの正体ともいえます。

肩こりと手のしびれは、私たちが何気ない生活の中ではよく起こるものになりますが、注意も必要ですよね!

そして、この肩こりと手のしびれの病気は私たちが毎日の日常生活を送っている中でもよく起こる病気の一つといえますね。