手のしびれ 病気が原因?
手のしびれ 病気が原因?
トップページ手や指のしびれ手や指のしびれ

手や指のしびれ

手や指のしびれ

 

手や指のしびれには、小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を操ってる神経が、圧迫や引き延ばしになどの神経麻痺によって起こる場合があるようです。

手や指のしびれが起こりやすい場所は、肘の内側の上腕骨内上部というくるぶしの後ろに、骨とじんたいでつくられた肘部管という入り口があります。
入り口内は狭くてゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わってしまうと、簡単に神経麻痺がおこってしまうことになるそうですよ。


手や指のしびれの原因には、入り口を構成する骨や、じんたいの肥厚、入り口内外にできた悪性のうしゅなどがあります。
神経引き延ばしには、小児期の骨折によって生じた変形などがあります。
麻痺の進行により症状が異なりますが、初めのころは小指と薬指の小指側にしびれ感があったりします。
麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない変型が起こってしまいますよ。


手や指のしびれによって筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。
握力も低下します。

手や指のしびれの初めの症状で、しびれや痛みが軽症の場合は、肘を安静にして、消炎鎮痛薬やビタミンB剤を内服します。
これらの保存療法が効かない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行う場合も出てきちゃいます。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔