手のしびれ 病気が原因?
手のしびれ 病気が原因?
トップページ手のしびれの症状手のしびれの症状

手のしびれの症状

手のしびれの症状

 

手のしびれに起こる症状にはたくさんの種類があることをみなさんは知っていますか?

手のしびれに起こる症状は、初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。
これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めてしまう時もありますよ。
この時に手を振ってみたり、指の運動をすると負担がなくなり楽になると聞いたことがあります。


手のしびれに起こる症状が、進行すると親指の付け根の母指球筋と呼ばれている筋肉がやせてきて、細かい作業ができなくなっちゃいます。
とくに親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなってしまうそうです。

手のしびれに起こる症状は、時には、指にしびれや痛みがあったり、朝起きた時にひどかったり夜間睡眠中に起きてしまうこともあるみたい!
そういった時には、必ず整形外科を受診しましょうね。


手のしびれに起こる症状の中に、親指の付け根の筋肉がやせてしまったら、手術を含めた早急な治療が必要になってとても怖いです。
この状態が長く続くと、入り口を開放する手術だけでは回復できず、腱移行術という健康な筋肉の腱を移動する難しい手術が必要になってきますよ。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔