手のしびれ 病気が原因?
手のしびれ 病気が原因?

手のしびれの病気

様々な手のしびれの原因

手のしびれには様々な原因があります。

特に一番多いのが手根管症候群というもので、これは手首の中に通っている「正中神経」という神経が何らかの原因による圧迫されることで引き起こされると考えられています。

ほかにも、血行不良によって手がしびれることもよくあります。夜寝ているときに手を枕にして寝ると、朝起きたとき手がしびれますよね?これなどはその典型例です。

上記2つはそれほど深刻な症状ではなく、ほとんどは時間とともに自然に治るのですが、そのほかにも「頭痛」や「脳梗塞」「頚椎ヘルニア」などが原因で手にしびれが現れる場合もあります。こうなるとちょっと怖いですね。

手のしびれについてはこちらのサイトも参考にされてみてください。

http://www.te-shibire.net/


手のしびれの病気

 

手のしびれに関する病気には、たくさんの種類の病気がありますよ。

手のしびれに関する病気の中に、手根管症候群と呼ばれている病気があります。

手のしびれに関する病気の手根管症候群と呼ばれている病気は、首の手のひら側にある骨とじんたいに囲まれた手根管という入り口のなかを、指を曲げる筋肉の腱が通っています。
この入り口のなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気といわれているとっても怖い病気ですよ!


手のしびれに関する病気の手根管症候群は、手の過度の使用や、妊娠によるむくみ、骨折などによる圧迫感によるものが原因になるといわれています。
中年代以降の女性に多く起こりやすい病気みたいですよ。

手のしびれに関する病気は、長時間ほかっておいたら痛みの感覚やしびれなども慢性化してしまい、大きな病気になっても完治しないケースも出ちゃいます。

手のしびれなどの症状が出てきて、少しの時間おいてみてもしびれや痛みが消えない場合は、病気になっている可能性もありです。
早めに病院へいって病院の先生に相談しましょう。